Docker Toolboxでポートフォワーディング!【Windows 10 Home】

Docker

こんにちは!zhackです!

最近、jupyter notebookのサーバやローカル環境にWebサーバを立てたいなぁと思うことがあり、
docker runコマンドでポートフォワーディングしてみました。

アクセスしてみると、

つながらない。。。。

ってなりました。

どうやら、前回のディレクトリのマウントの件同様に、さらに設定が必要そうです。

Docker Toolboxで"C/User/"以外のディレクトリにマウントする方法【Windows 10 Home】
Windows 10 Home上のDocker環境における、ディレクトリをマウントする方法を紹介します。Windows 10 HomeユーザがDockerを使う際、普通にDocker環境構築をするだけでは、ディレクトリをマウントすることはできません。そこで。マウントするための設定手順について紹介します。

今回は、ポートフォワーディングについて、まとめました!

 

スポンサーリンク

対象ユーザ

OS: Windows 10 HomeのPCに
Docker toolboxをインストールされている方。

まだインストールされていない方は、こちらの記事をぜひ参考にしてください。

画像付き:Dockerのインストール手順(Windows OS)
zhack(私)が実際に行ったDockerのWindowsOSへのインストール手順です。インストールなしで試してみたい方向けにPlay with Dockerの利用方法も簡単に説明します。

設定方法

今回、設定を変更するにあたり、”Oracle VM VirtualBox Manager”というソフトを利用します。

このソフトは、Docker ToolBoxをインストールする際、特に設定を変えていなければ自動的にインストールされていると思います。

設定変更手順は以下の通りです。

  1. Docker Quickstart Terminalを起動し、クジラマークを確認
  2. Oracle VM VirtualBox Managerを起動

    Docker ToolBoxを起動していれば、画像のように、実行中となっていると思います。
  3. 歯車の設定ボタンからネットワークを開く
    このとき、ネットワークアダプタが有効化されており、割り当てタイプがNATであることを確認してください。
  4. 高度(0)を押して、「ポートフォワーディング」を押下
  5. 右上の緑の四角のボタンから、ポートフォワーディングのルールを追加し、ルールを入力。
    直接、表の中に値を入力していきます。
    以下のような表示になっていればok (Rule1を追加しています)。
    入力項目について、
    名前:自由に入力してもOKです。
    上の画像はルール追加時のデフォルトの名前ですね。
    プロトコル:TCPかUDPの二択です。
    ホストIP:ホストPCのIPアドレスを入力します。
    何も入力しなかった場合、Virtual Box Managerが
    入っているPCのIPアドレスになります。
    ホストポート:ポートフォワーディングのホストPC側のポートです。
    プライベートポートでも可。
    ゲストIP:ゲストPCのIPアドレスの欄ですが、ここは空欄でOKです。
    ゲストポート:ポートフォワーディングのゲストPC(docker コンテナ)側のポートです。
    ※ホストPCは自分が使っているPC,ゲストPCはdocker コンテナと読み替えてください
  6. OKボタンを押して完了。

※上記の画像では、jupyter notebookをDockerコンテナ上で起動し、ホストPCからアクセスするためのルールを設定しています。

ポートフォワーディングするためのDockerコンテナ起動方法は、こちらの記事を参考にしてください。

[解説]個人的によく使うDockerコマンド
Dockerコマンドの良く使うものをまとめています。各コマンドについてどのような用途で、オプションについても説明しています。

 

スポンサーリンク

さいごに

以上が、ポートフォワーディングの設定方法でした!

私はこれで、jupyter notebookの環境を整えることができ、自由にpythonを扱えるようになりました。

ではでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました